×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鏡を見るのもつらかったニキビの悩み

鏡を見るのもつらかったニキビの悩み

高校時代の事ですが、ニキビに真剣に悩んでいました。
特に酷かったのはオデコ。前髪を伸ばし隠したりししていましたが、多感な年齢でもあったので、周囲の視線もとても気になり、自分で鏡を見るのも嫌なほどでした。朝の洗顔やトイレに行った時も鏡を見て泣きたくなる。そんな毎日でした。

 

少ないアルバイト代をはたいて色々な洗顔剤やニキビケア化粧品も試してみましたが結果は芳しくなく、むしろ症状は悪化する一方。

 

親に病院に行きたいと相談しても、思春期なんだからニキビくらい出来て当たり前よ!と病院にも行かせてもらえず…

 

大人からしてみれば、たかがニキビなのでしょうけれども、子供にしてみるとされどニキビ。友人たちから心無いからかいをされ、中にはいじめにも発展することも多々あると思います。あの時の私のように悩んでいる若い方がたくさんいるんだと思うと、気持ちが凄くよくわかるので、今でも胸が痛みます。

 

それから大人になり、生活環境も変わりすっかりニキビとは縁遠くなりましたが、思春期の多感な時期にあんな思いをしたのは今でも忘れません。

 

現在では様々なケア方法やニキビケア化粧品があるので、若い方には悩んでいないでどんどん試してみることをお勧めしたいですね。