×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乾燥肌に良い栄養素

乾燥肌に良い栄養素

乾燥肌って辛いですよね。カサカサになって、ひりひりしたり、赤くなったり。私も乾燥肌なので、乾燥時期は特に酷く、泣きたくなります。

 

基礎ケアも大切ですが、お肌のコンディションは普段の食事の影響も密接に関係しているようです。ほとんどの乾燥肌の原因はタンパク質などの栄養不足からくるそうですから、食生活を改善すれば、お肌の調子も改善するということですね。

 

では、乾燥肌の人は何を食べたらいいのか。調べたところによりますと、

 

1、ビタミンAを摂る。

 

ビタミンAは皮膚や粘膜の潤いを維持し、新陳代謝を促す働きを持っています。代表食品は、鶏や豚のレバー、乳製品(牛乳・チーズ・バターなど)、卵、緑黄色野菜、海苔、ワカメなど。

 

2、セラミドを摂る。

 

セラミドは外部の刺激からお肌を守り、角質層の水分を保持する働きを持っています。代表食品は、大豆、生芋こんにゃく、胚芽米、小麦、ヨーグルト、ほうれん草など。

 

3、飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸を摂る。

 

飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸で脂質不足を補います。代表食品は、肉類、卵、乳製品、植物油、ごま、ナッツなど。

 

以上の3つの栄養素に気を付けて、バランス良く食事を摂るといいそうです。

 

規則正しく、栄養バランスを考えて食事するのって、意外と難しいですが、サプリメントで補ってもOKだそう。発汗作用のある辛い食べ物も乾燥肌にはいいそうなので、辛いもの大好きな私には嬉しいです。

 

これ以上酷くなると冬は人に見せられない顔になりそうですし、ちょっと頑張ってみようかなあ。